とある夫婦の生活日記

30代DINKsが気づいた便利なものを紹介するブログ

マスタークレンズでファスティング(断食)をした話②~回復食・結果

こんばんは。eriです。
今日はこちら↓の続編を。

toaruhuhu.hatenablog.com

 回復食

1日目は 朝…トマトジュース、ヨーグルト
昼…野菜スープ
夜…お粥、野菜スープ
でした。

2日目は
朝…野菜スープ、お粥
昼…フォカッチャ、スープ、エビとブロッコリーのサラダ
夜…野菜スープ、おじや、お豆腐

以降は通常食です。

ヨーグルト、これがとってもおいしかった。

結構ヨーグルトにはこだわりがある方ですが
無糖・スーパーで買えるという条件下では最強だと思う。

あまり酸っぱくないので無糖が苦手な人にもオススメです。

お粥は定番のこちらを。

味の素 玉子がゆ 250g

味の素 玉子がゆ 250g

余談ですがこのシリーズ、卵がゆと鮭がゆはわりとお米感がしっかりしてるので
お粥が苦手な人にも食べやすいと思います。

結果

体重 -3.1kg
体脂肪率 -2.5%
ウエスト -5cmでした。
イェイ。

(追記) 体重は普通に食べ始めたら1kg戻りました。
そりゃそうだよね。
他はほぼ変わらずキープできています。
体調はバッチリで、なんだか断食前よりテンションが上がった気がします。

来月もまたやりたいなー♪

マスタークレンズでファスティング(断食)をした話①準備食~ファスティング期間

ご無沙汰しております。eriです。
少し間が空いてしまいましたが
気を取り直して(?)再開したいと思います。

ファスティングしてみた  

いくらなんでも体重がやばすぎた私。
意を決してファスティングをしてみました。

ファスティングは今回が初めて。   

お世話になっている整体の先生が
「三日間断食したけど体重も減ったし
体調も良くなったしよかったよー」
と薦めて下さったのがきっかけです。

そもそも食べるのもお酒も大好き。
ファストフードもお菓子も揚げ物も大好き。

これほんとにできるのかな…と不安だったのですが、
なんとかなりました。

準備食(1日)

本当は低脂肪高タンパクな食事にすべきだったのですが
中脂肪中タンパクな食事(主人と同じ物を家で)を やや控えめに、程度でした。
ピーマンの肉詰めだったかな。

ファスティング期間(三日)

ファスティング中は
ミネラルやビタミンを補うドリンクを飲みながらやるのが良い、と聞き
選んだのがこれ。

選んだ理由は
- 酵素よりおいしそう(メープルレモン味)
- 粉末で一回分ずつ個装されているから仕事に持って行きやすそう
- 値段が高すぎない

一日目。
500mlの水に粉末をとかしたドリンクを1日3本、
炭酸水を1日1.5l飲むということで、
早速朝起きて一本目のドリンクにトライ。

ペットボトルのミネラルウォーターにそのまま入れて
シェイクすれば綺麗に混ざったので
シェイカー不要、洗い物いらずで楽ちんでした。

ん…飲めないことはないけど、おいしくは…ない。
メープルもレモンも好きなのになぜ…

レモン系のスポーツドリンクの後味にメープルが来る感じ。
一本目は飲みきるのにやや苦戦。

「1日目がきついよー、ピザとかコーラとか頭をよぎるよ」
と聞いていたのですが、意外にもそういうものはよぎらず。
主人が目の前で食事をしていても、
テレビでお料理番組を見ていても平気。

空腹感はあるし、お腹はたまになるのだけど
誘惑に負けそうなほどにはならない。
そんな感じでした。

無事ドリンクも炭酸水も500ml×3本を飲みきって一日を終えました。

二日目。
若干の頭痛がします。
ヨガに行って結構激しく動いたのが原因だったようです。

塩分を補うといいと聞いていたのでまずは岩塩を少し舐めてみる。
うん。落ち着いた。でもこれは…味気ない。
我が家で使ってるピンク岩塩はおいしいけど、
塩だけで舐めるものではないですね、さすがに…。

トマトコーポレーション パストデコ ヒマラヤのピンク岩塩 200g

トマトコーポレーション パストデコ ヒマラヤのピンク岩塩 200g

夜再び頭痛。今度は具無し味噌汁を飲む。
「具無し薄味味噌汁ってこんなおいしいの!?」
仕事中の主人にわざわざ感動を伝えてしまうくらい美味しかった。
頭痛も無事治まりました。

この日はドリンクの味にも慣れ、
体がドリンクを欲してる感じで
グビグビ飲めました。

土用の丑の日特集でテレビで鰻が出てきたときと
主人が目の前でシャウエッセンを食べていたときが
このファスティング中で一番辛かったときでした。

三日目。
絶好調。仕事もバリバリ進みます。
一番活動量の多い日だったので心配でしたが
なんのことなくクリア。

修学旅行最終日のような、
なんとなく物寂しい気持ちさえします。

帰りに回復食の材料を買って帰りました。
汗をかいた感じがしたので、夜だけ具無し味噌汁で塩分補給。

続きは次の記事で!

大足の私とhacuの靴下

eriです。

私は足のサイズが24.5。
おまけに足の親指が長いので
昔から悩みの種は
靴下がすぐにやぶけること。

中学時代から割り切って
3足1000円くらいのものを
チュチ○ア○ナなどで買って履いていたのですが
数回で足の指から破れてしまうことも多く。
完全に消耗品でした。

最近はもっぱら
hacuというお店の靴下を
ネットで購入して履いています。

www.hacu.jp

レディース靴下って22-25cmの
ワンサイズのお店が多いと思うんですが、
ここの靴下、22-24cm、23-25cmというサイズがあるんです。

私の脚には23-25cmがぴったり。
足の親指が苦しくないし、
生地がしっかりしていることもあって破けない。

4足購入してから1年近くたつのですが
1足も破けていない!!!

しかもナチュラル系でお色も多くて
かわいいのでお気に入りです♡

ちなみにストッキングの話

ストッキングはM~LとかL~LLとかサイズがありますが、
あれは筒(脚やお尻、ウエスト)の太さのサイズであって
足の大きさの規格は全く一緒なんだとか。
トールサイズのものを買うと多少マシなんだけど
あんまり種類がないんですよね…。汗

比較的丈夫だと思うのは
カネボウエクセレンスDCYというシリーズです。
ドラッグストアでよく安売りしています。

カネボウ(Kanebo) エクセレンス DCY《M》<フレンチベージュ>

カネボウ(Kanebo) エクセレンス DCY《M》<フレンチベージュ>

シャチハタ(浸透印)はキャップレスに限る。その上最近のキャップレスはおしゃれ。

eriです。

結婚して、私の苗字の画数は約三倍になりました。

そこでめんどくさっ!と思ったのが宅配便のサイン。
これはシャチハタ(浸透印)がないとやってられない。
しかし我が家の苗字はややレア…

どうせ100均では売ってないだろうから、
気に入ったものを作りたい。

ということで

を購入。

実家ではキャップ付きのものを使っていたのですが、
慌てて出るとキャップをどこかに置き忘れたり、
キャップが転がりおちてどこかにいってしまったり…
と、おっちょこちょいの私にとってキャップは鬼門だったため
キャップレスにしました。

(ペンもキャップ付きのものは極力買いません。笑)

うーん、ストレスから解消されて便利。
これは便利。回してロックを解除するだけで押せるなんて。

味をしめた私は仕事用の印鑑もキャップレスにすることに。
考えてみたらこっちの方が連続で押したりするときに
キャップがないメリットが大きい!

調子に乗って大好きなリラックマのものに。
かわいい…癒やされる…。
上に挙げたキャップレス9よりも細いので
ポーチやペンケースに入りやすいのもいいところです。

[rakuten:ogawahan:10006399:detail]

(追記)
この記事を書くに当たってリンクを探していたら、
最近のキャップレスはもっと進化していた…。

[rakuten:ogawahan:10006399:detail]

おしゃれ。
最近は指サックもおしゃれになってるって
この間ヒ○ナンデスでやってたけど
まさか印鑑まで女子力がこんなに上がってるとは。

でもこちらはちょっと高いですね。
自分用には買わないかな。

でも大学生の入学祝いとか就職祝いとかにはいいかも!

僕たちがマ・マーからディ・チェコに乗り換えるために必要なのはパスタケースだった

どうも、つい昼まで寝てしまったkenです。妻のeriから「そろそろお前もブログ書けや」という波動を感じたので、今ノートパソコンを開いている次第でございます。

我が家では普段使いの麺類の一つとして、また休日の昼などに僕が腕を奮って奥さんを喜ばせるための飛び道具として、パスタをよく食べます。

以前までは「100グラムとか200グラムを自分で計量するのがめんどくさい」という理由でマ・マーの100gずつ結束済のスパゲティを買っていました。どこにでも売っているアレですね。チャックもついている主婦の味方です。

ところが、ラ・ベットラというレストランの落合シェフという方が書かれたレシピ本を買い、その通りにパスタの茹で方や塩加減、作り方を調整したところ「これはうまい!」となり、にわかにパスタの潜在能力への期待というか「我々はまだまだ美味しいパスタを追求できるのではないか」という気運が高まったことにより、麺にも少しこだわってみたいよね、という流れになりました。

麺にこだわるには少なくともマ・マーから脱却しなければならない。が、結束100gの便利さも捨てがたい。そこで奥さんからの提案。「計量できるパスタケースを買えばいいんじゃない?」それだ!ということで買いました。パスタケース。

いくつか検討したのですが、100gと200gの両方が計量できる所、それから何と言ってもお値段の安さでコレを選びました。

1000円だし、仮に使いづらくても別のを買えばいいよねー、という軽い気持ちで買ったのですがこれがクリーンヒット。ディ・チェコのNo.11の500×4個入りを詰めて使っています。

それ以来、以前より一層美味しいパスタ生活を送っています。

当ブログでは変にこだわりすぎず「旨いパスタをいかに安く、簡単に食べるか」を追求していく予定です。パスタについての記事は今後も書いていこうかと思う、というくらいの意味です。